変わらぬ場所

d0082468_22222567.jpg

10数年ぶりに訪れたその場所は
あの頃と変わらない暖かさと香りがあった

マスターは客の印象でカップを決める
あのときは鮮やかな南国調の色彩のカップに
熱いカフェ・オレが入って運ばれてきた

d0082468_22371845.jpg

ずっと変わらないだろう、と思っていたあの頃の私の姿を見たような気がした…

運ばれてきたカップは落ち着いた感じの
小さな花柄が散りばめられたカップだった

変わったんだね…
そうだよね…

ガテマラという珈琲を飲み
友達の話に耳を傾けながらも

あの頃のあなたの笑顔を思い出していた

せつなくなるわけでもなく
悲しくなるわけでもなく
ただただ穏やかな気分で
あのときの笑顔が今もどこかで続いていますように、と願った
[PR]
# by yae_35 | 2006-12-10 22:56 | 恋ヤ愛ニツイテ

心を閉じないで

d0082468_18445750.jpg


連鎖する自殺

いじめを苦にして、立場を苦にして…
いろいろな理由はあるだろうけど

一人の子を持つ親として
全ての事件の報道があるたびに我が子と重ねて見てしまう
加害者、被害者、どちらの立場にも立って見てしまう

いじめについて

私は理解できないことがひとつあった

どうして死ぬ前に親に相談しなかったのだろう?

私の息子がいじめを苦にして自殺したとしたなら
きっと、きっとどうして一言でもいいから相談してくれなかったんだろうという
悲しみに包まれるかもしれない
いじめた子供達や対応の遅れた学校や先生に憎しみをぶつけたところで
この気持ちというのはきっと一生ぬぐいきれないだろう
我が子を救ってやれなかったという父親とはまた少し違う母親としての感情?!
そういうものが私自身を苦しめるかもしれない

コンビニとかで販売されいる「別冊PHP」をたまに買って読んでいる
私は決して教育熱心で真面目と呼べるような母親ではない
誰かの意見を耳にする、目で読むというのが好きだからたまに読む
そこに書いてあった

子供は子供なりのプライドがある、ということ
クラスの友達からいじめられると自分の人格を否定されていると感じ
具体的な原因がわからないのに「きっと私が悪いんだ」と
状況だけを受け入れてしまう
きっと私が悪いんだからお母さんに相談しても
「あなたに悪いところがあるんじゃない?」と言われてしまうかもしれないと
勝手に解釈してしまう、もう一つは純粋に親に心配や迷惑をかけたくないと
いう気持ち(子供なりの優しさ)、あとは家庭環境に問題があるとき…と。

自殺した子供が残す遺書に親に対して「ありがとう」という言葉があると
いたたまれない
親を大事に思ってくれるなら、本当にありがとうという気持ちがあるなら
負けないで欲しい、最大の悲しみを与えないで欲しい

自殺の報道を見るたび子供が聞いてくる
そのたびに包み隠さず話す
「いじめられてね悲しくて悲しくてそれがイヤで死んじゃったんだって…」

子供は言う
「僕は死ぬのはイヤだ。怖いもん。息できんくなるんでしょ?絶対イヤだ。」
まだ小1だからその程度の感覚しかない。
そのたびに私は子供に話す

どんなときでもどんなことがあったとしても
私にとって一番辛いことはあなたが突然自分で命を絶ってしまうこと、と…

学校ではこうした連鎖している自殺に対して命の尊さを生徒に
朝礼とかで話しているようだけど
一番大事なのは親子でそのことについて話しあうことなんじゃないかな、と思う

いじめを苦にして自殺してしまった息子の目を閉じた顔というのは
耐えられないだろう

おやすみ♪といって気持ちよさげな寝顔以外は見たくない
それが母親というもの…

ふがいない親かもしれないけど
苦しいときは一緒に苦しんであげるから
どうか心を閉じないで

そう我が子に願っている

自殺を考えている子供たちがいるのなら
ほんの少し親にも考えさせる、苦悩する時間を与えて欲しい
少しでも苦しさを分け与えて欲しい
この世に存在する無意味さを嘆く前に
存在して欲しいと願う人の声を聞いて欲しい
[PR]
# by yae_35 | 2006-11-16 19:20 | ナゼニ?

好きな時間

d0082468_14165823.jpg

写真を整理していた。
整理しながらいろんな音楽を聴いていた。
そしてふと手にした一枚「小田和正/自己ベスト」

この人の音楽は秋の雰囲気が良く似合うような気がするなぁ。
そして…恋していた頃を思い出させる。
そういえば、「ラブ・ストーリーは突然に」を聴いたからこの前書いたんだったね。

小学5・6年ぐらいのときに初めてオフコースという名前を知った。
一言、暗いっ!!ぐらいにしか思えてなかった。
その頃と言えば、トシちゃん、マッチ、よっちゃんだったから、笑。
中学生になったらヤッくん、モッくん、フッくんになって
チェッカーズのフミヤの弟、尚之に一途だった。

好きになることが恋だと思っていたこの頃…
私は真剣に悩んでいたことが一つあった。
小6の終わりに友達だとしか思っていた男の子に告白された。
「好きだから付き合って下さい」
初めて人から好きだと言われ付き合うってことがどういうことだかも分からないまま
当時流行っていた交換日記を始めた。
書くことなんて本当に日記だった、笑。絵を描いてみたり、カラフルにしてみたり。
二人で一緒に並んで歩くことさえ恥ずかしくて…
中学生になって部活の帰りに無理やり一緒に帰りなよと
先輩達の策略にはまり二人で帰り道を歩いた。
こういうの恥ずかしいよね、、なんて言いながら歩いた。
手も繋ぐことなく、キスすることもなく純粋だった。
それからしばらくして、私はチェッカーズの尚之がいいな♪と思いはじめていた。

芸能人、という意識がなかった。
優しい笑顔、照れくさそうなしぐさ、なのにサックスを吹くときの真剣さ。
私は尚之に恋をした。
付き合っている男の子には持てない感情。
私は尚之のほうが好きだ。
そう確信した私は男の子にちゃんと打ち明けたほうがいい。いや、言わなければいけない。
本当の気持ちを伝えなきゃ。
そして、男の子に手紙を渡した。
「他に好きな人ができました。もう付き合えません。ごめんなさい。」
その子が聞いてきました。他に好きな人って?そして私はチェッカーズの尚之、と答えました。

これ…成人式のときも同窓会のときもいまだ男友達からは
責められるネタです。。。
いや、、、でも、、、しかし、、、その当時は真剣だったのよ~~~~っ!!!

そんな私も年齢を重ねて一つ、また一つと
人を好きになっては泣いて笑って…

こうして小田和正の曲を聴いて詞の意味を受け止めれるような年齢になった。
そして優しいメロディーと優しい声が大好きになった。

短い人生の中で出逢う人は私に足りない何かを持ってやってくる。
出逢いは偶然じゃない。
神様がその人に足りないものを気付かせるために仕組むこと。
あなたに足りないものは何かと…
口には出さずに教えてくれる。
時には傷つきながら、時には酔いしれながら。
なのに、なのに気付くのはいつも離れたあと…
たくさん自分に足りないものを教えてもらってきた。

大事にしなきゃいけない、離れる前に気付かないといけない。

そんなことを…歌っているよな…そんな気がして素直な時間が持てるんだよね、聴いてると。
[PR]
# by yae_35 | 2006-10-28 20:02 | ヒトリゴト

そういうもんかも?!

d0082468_1283174.jpg

いくつも似たような小枝があるのになぜか同じところにトンボは戻ってきた。
飛んで行っては戻り、また飛んで行っては戻り。
何度か繰り返していたのに今度は違う小枝にとまった。

あらら。違う枝でも大丈夫なんだ?

そう思ったのも束の間。再び同じ枝に戻ってきた。
違う小枝にとまることもあるけど時間的にはほんの数秒でやっぱり同じ枝に戻ってくる。

お気に入りの場所なのかな???

トンボの習性?!が世の中の殿方と重なって見えてしまった、笑。
トンボの時間を人間に置き換えたとして…
寄り道してもよそ見をしても何十年の中のほんの数日と思えば腹も立たない?!
お気に入りの場所であれば…必ず帰ってくるもんなのね、笑。

このトンボ、、、きっと雄なのかもね…爆。
[PR]
# by yae_35 | 2006-10-09 02:51 | ヒトリゴト

ラブ・ストーリーは突然に

d0082468_11554423.jpg


あの日、あの夜、坂道を照らす月の光があんなに明るくなかったら…
澄んだ夜じゃなかったら…
出逢ってはいなかったのかもしれないね。

最終電車で降り立った駅
友人宅を探し知らない街を彷徨って歩いていた。

月明かりを背にあなたが坂道を下りてきた。

寝静まった住宅街
聞こえてくるのは二人の歩く足音だけ
いろんな人とすれ違った
どうしてあなただったんだろ?
たくさんの人の中からどうしてあなただったんだろ?
すれ違う瞬間声をかけた
「すみません・・・友人の家を探していて迷子になってしまって。。ここは、どこですか?」

逆光になっているあなたの顔はよく見えなかった。
声だけが…声だけが不安になっている私に届いた。

一緒に探してあげるよ、と言ってくれたあなた。
二人で長い時間歩いた。
あなたが横浜の大学生だということ、浜松の出身だということ、いろんなことを知った。
そして私も世田谷の看護学校にいるということ、奄美の出身だということ、いろんなことを
話した。

一晩中一緒に探してくれたけど見つからなかった。

いい人だな、優しい人だな、面白い人だな、それが私の印象だった。

また横浜に来ることがあったら電話してよ、案内してあげるよ、と
電話番号を教えてくれた。

改めてお礼を言うべきかどうするべきか。。。電話かけようかどうしようか。。。

そのとき私は高校時代から付き合っていた同級生の彼と遠距離恋愛をしていた。
私が好きなのは福岡にいる彼で…だから…
頭の中では分かっているのに心が動揺していた。
肩を並べて歩いた時間がどんどん大きく膨らんだ。

気持ちがゆらゆらしていたので結局電話を入れることができずに週末を迎えた。

寮には電話が二つ。
どちらも常に誰かがいた。携帯もない時代。
外から電話が入ると該当者の名前が放送で呼び出される。
思わぬ時間帯に名前が呼ばれた。
こんな時間帯?!誰だろ???
「もしもし、ちょっと寮の外に出てこれる?」
心臓が飛び出そうになった。
ドキドキドキドキドキドキ。。。。。。門のところまで走った。全速力で走った。

「なんで電話番号が分かったの?なんでここにいるの???あ。いや。この前は
ありがとう。ちゃんと改めてお礼を言おうと思ってはいたんだけど。」
「学校の名前教えてくれたじゃん。だから…友達とかに聞いてね、笑。なんとなくまた
逢いたいな、って思って。電話くれないからさ、行けばなんとかなるかなと思って。今度さ、大学に遊びに来ない?っつーか来て欲しいんだけど。どう?」

バンッ・・・ゆらゆらしていた気持ちがあなたの言動で倒されちゃった。。。

月明かりが…二人に魔法をかけたのかもね…
[PR]
# by yae_35 | 2006-10-09 01:18 | 恋ヤ愛ニツイテ

未来のために…

d0082468_756995.jpg

当たり前のように育ってきた。
ひとつひとつ歳を重ね大人になるのが当たり前のごとく育ってきた…

世の中悲しいニュースばかり
ここ10年近くで急増した様々なこと。

「虐待」・・・
幼い子供達の死が報道されるたび、その子供達の生まれてきた意味というのを
考えさせられる。
一番身近な一番愛しいはずの存在に暴力をふるわれることの悲しさ。
感情をコントロールできないうちに植えつけられる心の傷。
報道されるのはほんの一部で表立っていないことは世の中たくさんあるのかも。

「事故」・・・
ほんの一瞬の不注意や飲酒による無謀な運転などで失われた命は
どう泣き叫んでも戻ってくるものではない。

「事件」・・・
通り魔的な殺傷。
無差別的に通りすがりの子供を対象として切り付ける、あるいは同級生が突然キレて
刃物を振り回す。傷つけた者の心情は一体?!

「いじめ」・・・
ほんの些細なことで始まり徐々にエスカレート。
無視・暴行・恐喝、親の知らない顔が学校の中にあったりする。

自分が親になってみて…
一人の子供の命を預かる立場に立ってみて初めて
生き続けているというありがたさを実感している。
事故にも事件にも巻き込まれず大病をするわけでもなく
ちゃんと今生きている、普通に生活している。
見落としがちなことだけどとてもありがたいことなんだな。

世の中の流れに沿って母親の心配する内容も昔とはちょっと違ってきているのではないか、
と感じる。
むしろ父親や母親という存在自体、あり方自体が昔とは違ってきているのかもしれない。
変化しつつある子供の感性に親が対応しきれないのではなく、変化しつつある父親や母親の
存在に有無を言えず対応しなければならない子供達のほうがかえって大変なのかもしれない。

その結果が今こうして少年犯罪の低年齢化を招き入れているのではなかろうか。
小学生が自ら死を選ぶような時代を迎えてしまったのではなかろうか。

私自身がお気楽で母親らしからぬ言動は多々あるからエラそなことなんて言えないけど
子供のうちは思いっきり子供であって欲しい。
勉強なんて学校でちゃんと聞いておけばいい。
興味を持ってやりたいって思えたときに必死に頑張ればいい。
習い事だってやりたくてやりたくてしょうがないことをやればいい。
大きな声でしっかりと挨拶をして思いっきり笑えることができればいい。
いろんな感じたことをいっぱい話してくれればいい。

今は、触れ合うこと話し合うこと笑いあうこと、それが一番大事な気がするよ。

子供が子供らしく生きられる環境にするために
母親らしからぬ母親だけど・・・頑張るさ。
[PR]
# by yae_35 | 2006-10-03 08:30 | 思フコト

男心と秋の空

d0082468_186298.jpg

何も知らないフリをして
包み込めるだけの器量があったら
もっと違っていたのかな?

「男なんてそんなもんだよ」
「ちょっとよそ見しただけだよ」
「ちゃんと帰ってくるんだから」
「甘やかしすぎたんだよ」

友達の言葉に
分かってる
そんなことは分かってる

そうじゃなくて…
「私に足りなかったものは何だったんだろう?何がいけなかったんだろう?」
すごく好きだった。本当に好きだった。ずっとずっと一緒にいると思ってた。
喜ぶ顔が見たくて、一緒に笑いたくて、ただ傍にいるだけで幸せだった。
「あなたは…そうじゃなかったの?」

5年後、電話の向こうで「逃した魚は大きかったわ」と言ったあなた。
私は。。。魚???
その日の秋の空はとても綺麗だったのを覚えている。

「女心と秋の空」
それは素直だから…
怒っても泣いても悔やんでも
またすぐ調和を取ろうと努力するから…

飽きやすく変わりやすいことのたとえである「男心と秋の空」とは
ちょっと意味が違うの

包み込める器量のもとになるのは

諦めか無償の愛

嘘と不安が重なり続けば諦めという器がでかくなり
信頼と安心が重なり続けば無償の愛という器がでかくなる

どちらも包み込むための器
どちらの器が成長するのか…

それを左右するのは
男心なんじゃ…ないのかな?

女心がクルクル変わるのは成長している証

大きい器に成長しようと頑張ってるの、笑。
[PR]
# by yae_35 | 2006-09-21 19:09 | 恋ヤ愛ニツイテ

十人十色

d0082468_22213698.jpg

レタッチをしていて時々思う
私のレタッチはカラー(赤・青・黄・緑・黒)をプラスにしたりマイナスにしたりして
これだぁっ♪♪♪って思ったところでとめる。
自分の中ではもう最高にそのカラーバランスがぴったんこ♪などと喜んでいるのだけれど
それは私の感性でありご覧いただいた方に賛同されるかというとそうでないこと多々かもしれない、笑。
嫌悪感を感じる方もいらっしゃることでしょう。
同じ写真を同時に何人もの人と同じソフトを使ってカラーバランスをいじって一斉に
せーのーせっ♪で出したとしたらどんな感じになるんだろ???
それはそれで面白いのかもしれないね。

一時期blogでバトンリレーなるものが流行って友達に繋げていくってのが
あったけど、写真のバトンリレーって見たことないな?!
いくつもの質問に回答する姿でその人の持っている性格とか何となく見えたりするけど
写真レタッチのバトンリレーなんてあったらもっと何か本質的なものが見えそうな気がしないでもないな、笑。

秋の夜長のヒトリゴト、笑。
[PR]
# by yae_35 | 2006-09-12 23:46 | ヒトリゴト

ひまわりに学ぶ

d0082468_10152715.jpg

大きくなる、ということは
それだけ自分を支えるために茎も太くないといけない
同じ日照時間、同じ水の量、同じ気温
周囲のひまわりと何ら変わりない条件下で
自分を保たねばならない、そうでないと
支えきれずに倒れちゃう

人間もそうかもね

年齢を重ね
いろんなことを考え見つめ歩む過程の中
周囲の人と同じ条件下で
ありとあらゆることを吸収して
自分を保つこと、それが心を支えることに繋がるのかもね

ひまわりが茎を太くして栄養をたくさん吸収するように
心を太くして栄養をたくさん吸収しなきゃいけないよね

そしたら大きな人間になれるんだろね
[PR]
# by yae_35 | 2006-09-09 16:49 | 思フコト

言葉と写真とblog

d0082468_14152152.jpg

「言葉は感情的で、残酷で、ときに無力だ。それでも私たちは信じている、言葉のチカラを。ジャーナリスト宣言。朝日新聞」

これは朝日新聞のキャッチコピーだけど
確かに!確かに!確かに!って最初聞いたとき思ったな。

たくさんの人がblogを書いていて時々何らかのタイミングで全然知らない人の文章に
辿り着く。
怒っていたり悲しんでいたり笑っていたり、、、文章にはありとあらゆる感情が滲み出ている。

私の中で摩訶不思議と思えることの中の一つがそれ。
声を聞くわけじゃないしその人を知ってるわけでもないし
それなのにその人の感情が言葉になって伝わってくるというのが何だか不思議。
言葉は優しいのにとても冷たく感じたり、丁寧なお礼を述べているのにありがとの気持ちが見えなかったり。書かれている言葉に文章にどれだけの気持ちが入っているのかというのは不思議と伝わる。勘違いするときもあるけれど。確かに言葉は感情的なんだなって思う。

言葉が残酷だなと思うときは・・・傍にいなくても直接触れなくても
目に見えない「心」という場所に深く傷を負わせることができること。

言葉が無力だと思えるときは・・・どんなに励まそうともどんなに想いを伝えようとも
送り手と受け手の気持ちがズレていると誤解も生まれるということ。

メールとかで思っていることをすぐに伝えることができたりblog上でいろんな意見や考えを述べたりと便利な世の中ではあるけれど・・・言葉ってホント難しいよね~。
自分というのがそのままそこに表れるから難しいって感じるんだろな。
何度も書いては消したりしてる。
偽ろうとしてるわけじゃないんだけどね、笑。素を伝えようとするのが難しい、笑。
そういった意味ではメールもblogも私には向いていないのかもしんないな。

言葉に対しての何とも言えない操作しづらい難しさの中で出逢ったのが「写真」
これだけは言葉がついてなくても感情を表したりすることができる。
言葉以上に素を伝えてくれる。
伝えるための技術云々はあるけれど、笑。
私というものを主張するには充分。

blogが流行る背景にはきっと誰もが
「私はここに存在する、今ここにこういう自分が生きている」ということを
自分自身が感じとれるからだと思うんだ。
意識していないとしても人には「認められたい」とかそういう思いって必ずあるからね。
単なる日記だけなら人に見せる必要ないもんね。

一眼が人気を占めてきたのはそういう背景もきっとあるんだろな♪
価格的なこともあるだろうけど
記念写真を撮るためだけではなく思い出を残すためではなく
自分を表現する一つとして・・・こういう感性を持ってるよ、と伝える手段に写真があるって
ことが認識されてきたのかも?!
コンパクトじゃないから荷物になるからイヤ!と
友達ママは言ってたけど、面白さに気付いたらきっとハマるんだろな、笑。

一眼構えてる女性って結構見た目カッコよかったりするんだよね~っ。
おっ♪本格的じゃん♪みたいで。私もそういう風に見られたいぃ~、爆。
最近、写真を撮っていると観光地とかだとコンデジを持った恋人達や家族連れに
「シャッター押してもらえませんか?」と言われることが多くなった。
以前なら何も考えずにシャッターを押していた私だけど今は違う。
「逆光になるからこっちからのほうが・・・」とか「全身入れなくてもいいですか?」とか、笑。
せっかくの記念写真だもんね、綺麗に撮ってあげたいしな♪と思うといろいろと言っちゃう。
撮ったあとにすぐ確認出来るデジカメであるから、その画像を確認して「どうしましょ?もう一枚撮りますか???」と聞きながら確認してもらって「いい感じです♪ありがとうございました♪」と言われるとすごく嬉しい。

きっと私は私らしくある為に苦手な言葉の綴りと格闘しながら一生写真を撮り続けるな~♪

あなたがあなたらしくあるためにやっていることって・・・ありますか???
[PR]
# by yae_35 | 2006-09-05 17:03 | アナタナラ?